「Ani de Liceu」ー 青春時代

縁あって、ルーマニア人と一年ほど一緒に働いていました。

車1台をシェアして、仕事の行き帰りも一緒です。

ドライブ中は彼がルーマニアから持ってきた音楽を流しています。

ある曲に切り替わると、

彼は、胸が締め付けられるような、淡い気持ちになるとヨガります。




曲名は「Ani de Liceu」


これは、何について歌っているのでしょう?

ヒント:淡い気持ちを抱く頃
Ani: 年(複数形)
de:〜の
Liceu: 高校


答え:高校時代

この曲を聴くと、高校時代の淡い思い出がよみがえる様ですね。

「Ani de Liceu」(1986年)


これは1986年(古っ!)公開の映画「Liceenii」のテーマソングです。
クラスメート同士の恋愛に発展するまでのストーリーで、やきもきさせるシーンが甘酸っぱい?です。
チャウセスク政権時代の人々の生活やルーマニアの学校のシステムも垣間見える興味深い作品です。

「Ani de Liceu」現代バージョン(2002年)

こちらは、共産時代と違い自由な感じがします。携帯電話も登場してオリジナルとのジェネレーションギャップも聴きどころ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。