「Sperietoare de Ciori 」 - 田んぼにいるヤツ

夏休みで南房総に旅行中です。

ドライブの途中で「大山千枚田」という観光スポットに立ち寄りました。
山間部の棚田ひろがる稲穂の緑と青さが突き抜ける大空とのコントラストがとても美しい所です。

Oyamasenmaida.jpg


高台から、棚田を見下ろしていると、彼女が何かを発見したようです。

”Sperietoare de Ciori !"


はて?何だと彼女が指差す方をみると、、

何だと思いますか?


ヒント
・Sperietoare = おどろかす
・de = 〜の
・Ciori = カラス(複数形){単数形:cioară}




答えは、、、

「かかし」でした。

「カラスをおどろかすもの」そのままですね。

英語で は「Scarecrow」=「Scare = 恐れる」+「Crow=カラス」。

考え方は同じですね。

一方、日本の「かかし」は、

鳥獣が田畑に来ないようにするため、動物の肉などの焼き焦がしを棒に串刺して、

それを害獣に「嗅がし」ていたから、「かがし」→「かかし」と変化したという説があるそうです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。